詰まったかな?という水のトラブルなら

水のトラブルのうち、よく発生するものの一つが、水が流れなくなった、詰まったということではないでしょうか。水回りは毎日使うところなので、詰まりも早めに対策をとる必要があります。排水が詰まってしまうと洗面所から水があふれ出たり、ほかのトラブルにつながってしまうかもしれません。詰まらないように、上手に使っていく必要があります。

■トイレ、台所や洗面所の詰まりに

排水部や配管部をチェックして、簡単なところから始めてみましょう。自分で直せる程度の詰まりであることも多いです。予防としては、トイレには普段からトイレットペーパー以外のものを流さないように気を付けます。台所の流しなどもモノが流れやすい仕組みになっています。野菜や食べ物のカスなどを受け止めるため、大きなカゴや網などがついていますが、油を直接排水口に流したりしないよう注意します。排水口の見えない部分にヌメリやカスがこびりつく可能性があります。
洗面所やお風呂の排水口は直径が小さいため、細かいモノが流れても詰まりやすいです。家族が多い場合は髪の毛などが大量に流れてしまって詰まった、ということも起こりやすいので、定期的に取り除くようにします。ホームセンターなどで販売されているパイプクリーナーなどを使って、目では確認できないところのヌメリや汚れを取り除くのも有効的です。トイレが詰まった場合は、ラバーカップをしっかりと当て、水を吸い出すことで対処できるケースもあります。

■自分で直せないつまりは

自分では直せない水のトラブルもあります。例えば古い家の場合、慢性的に詰まったり、詰まりやすくなってしまっている場合があります。そうなるとリフォームということを考える必要があります。
トイレなど、長年使っているものは節水対策がされていないものが多いです。最近のトイレは一体型でタンクが不要なタイプや、節水タイプのものなど色々なものがあります。トイレの交換を思い切って行うなら、詰まりやすいという問題も解消できるかもしれません。リフォーム工事を依頼すると、排水管も調節しなければならないか、既存のものを使用できるか確認する必要がありますので、専門のスタッフに見てもらいましょう。

■まとめ
詰まりが発生したら、まずはその原因を取り除くようにします。予防として日ごろの手入れも行いつつ、大きなゴミや詰まりの原因になるものを流さないようにします。慢性的な詰まりには、リフォームなども有効的な方法です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ