止まらない水のトラブルの原因と対策

水のトラブルと聞いて、真っ先に思い浮かべるのは何でしょうか。水が蛇口からポタポタと流れ続ける、水が止まらないといったトラブルかもしれません。水のトラブルの中でも、ポタポタ流れる水は一刻も早く解決したいものです。水道代もかかりますし落ち着きません。

■水が止まらないときの応急処置

水が止まらない時にはまず自分でできる応急処置を行います。水が止まらなくなるというトラブルにはいくつかの原因があります。まず目で確認できるトラブルとして、台所の蛇口や洗面所の蛇口から水がポタポタ落ちていることがあります。こういった場合は蛇口自体のパッキンが古くなっていたり、ボルトがゆるんでいたり、蛇口のねじがしっかり閉まらなくなっているという原因が考えられます。
トイレの水漏れの場合は、可能性がいくつか考えられます。タンクにつながっている給水管などから水が漏れて、床に水たまりができている場合は、給水管の接続部のパッキンやねじの問題かもしれません。トイレに水が流れるために引き込まれている給水管の水を止水して対処する必要があります。他にもトイレタンクの水が止まらないということもあります。この場合、タンク内のボールタップなどの部品が消耗して、機能しなくなっていることが多いようです。このケースでも止水栓を止めておいて原因を突き止めます。
これからの季節、気をつけたいのは屋外の水道管です。もし屋外に水道があるなら凍結、破裂しないよう保護する必要があります。水道の回りを発泡スチロールなどで覆ったり、布を巻き付けているのを見たことがあるかもしれません。これらも水のトラブルを防ぐのに有効です。

■修理を依頼する

水が止まらなくなる状況は、複数の原因が考えられますが、部品交換ですぐに解決するものなら自分で解決できることもありますが、不安な場合は修理を依頼するのが良いでしょう。それぞれの家の配管に合うパッキンや部品は異なるため、施工業者や修理業者に依頼するのが安全です。
すぐに対応してくれる修理業者に依頼するのが一番ですが、部品、人件費や出張費など別で計算している場合もあります。費用をきちんと確認して、納得した上で修理してもらうことが大切です。電話やインターネットで連絡し、見積もりを取ってから依頼しましょう。

■まとめ
水が止まらなくなったら、どこから問題が起こっているか確認します。そして止水栓を止めるなどの処置をしておいて、すぐに修理依頼をするのが良いでしょう。これからの季節、寒さ対策を事前にしておくことも大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ