水のトラブルに落ち着いて対応しよう

水のトラブルに落ち着いて対応しよう 水のトラブルは突然に発生するものです。水回りは毎日使う場所なので、ちょっとしたトラブルでも素早く解決する必要があります。トラブルにつながる前の予防も大切です。もちろん長く使っていると消耗する部分は仕方がないですが、少しでもきれいに長く使いたいものです。



■日ごろの手入れを心がけよう

水回りの細かいところは、毎日の掃除や心がけで、トラブルを回避できるものが多いです。誰でも一日に何度も使うところなので、使った人が目で確認して掃除をするなら、きれいに長く使うことができます。
水のつまりを防ぐためには、水が流れる排水口に不要なものが流れないように気を付けます。お風呂場、洗面所の場合は大量の髪の毛がないかチェックしてゴミ箱に捨てます。トイレには、ティッシュペーパー以外のものを流さないようにします。台所は最も気を付けたい場所です。野菜くずやナイロン袋などをかごで受けてゴミ箱に捨てますが、うっかりモノが流れやすいところなので、大きなゴミが排水口に流れないようにします。油なども直接流さず、ティッシュでふき取ってゴミ箱に捨てましょう。
掃除をする、というのも簡単ながら有効な方法です。お風呂場、洗面所といった髪の毛が詰まりやすいところは、数か月に一度パイプクリーナーなどで、パイプ内部を掃除しましょう。一緒にヌメリなどもとれるのでパイプのつまりが回避できます。トイレも定期的に掃除をします。最近のトイレは自動的に掃除をしたり、人がいない間に水を流したりする機能があります。それぞれのトイレに合った掃除方法を、取り扱い説明書で確認します。

■水が止まらないとき、水が詰まるとき
水のトラブルの中で、特に多いのは流れなければならないところが詰まってくる、という現象です。水が漏れる、蛇口をしめても止まらないということもよくあるトラブルです。水が詰まる場合は、排水側のトラブルである可能性が高いため、目視でなかなか確認できないところもあります。まずラバーカップなどを使って、水を勢いよく吸い上げてみましょう。ゆっくりと水が流れていくようなら、大きなモノが詰まっている可能性は低いので掃除をして様子を見ます。大きなものが詰まってしまったら、自分で取り除くのは難しいかもしれません。業者に依頼するのが良いでしょう。
水が漏れる、という場合はどこから水漏れが起きているか確認します。蛇口付近や配管の接続部、ホースなどの裂け目からといった場合が多いです。水漏れがひどい場合は、修理まで止水栓、元栓をしめておくことも必要になります。水がポタポタ漏れている程度なら、ナットを締めなおしたり、パッキンなどの部品を交換すると解決する可能性があります。

■修理のポイント

早く修理できるか、ということがポイントになります。自宅付近の修理業者は電話帳などで探すことができます。アパートやマンションなどの集合住宅なら修理業者も決まっている可能性がありますので管理業者などに確認しましょう。
次に価格を確認します。急いでいるあまり、あとから追加費用がたくさんかかる、ということは避けたいものです。時間に余裕があるなら、インターネットサイトからいくつか価格を比較をすることもできます。全国で水道トラブルに対応してくれるサイトもありますので事前にチェックしておくことも大切です。水のトラブルはいつ発生するかわからないため、24時間電話を受け付けているところが安心でしょう。

■まとめ
水のトラブルについて日ごろから考えつつ予防することが大切です。水詰まりには排水部のゴミ取りや掃除が有効です。水漏れなどもよくチェックして早めに対策します。修理業者はいくつか比較するのが最善です。一定の価格なのか、交通費や出張費が別途なのかよく確認しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース